所属メンバーの受賞歴

受賞

  1. [Link] 11th Asian Microgravity Symposium, Mohri Poster session Excellent Poster Award (長田拓真/早稲田大学・修士学生): 2016年10月

    ”Mohri poster session” is inspired by Japanese Astronaut; Dr. Mamoru Mohri and is open to the dedicated students, who wish to present their on-going work in variety of fields such as aerospace engineering and material science. With Dr. Mohri’s endless passion in education and encouragement for younger researchers/scientists, he is always a host of this session and is acting as one of the most “severe” reviewers for all posters presented on site. During the session, Dr. Mohri carefully checks all posters and discuss with presenters directly. Quality of the poster as well as the passion of presenters are evaluated and winners of the session are selected.

  2. [Link] 11th Asian Microgravity Symposium, Mohri Poster session Excellent Poster Award (戸丸桃子/早稲田大学・修士学生): 2016年10月

    ”Mohri poster session” is inspired by Japanese Astronaut; Dr. Mamoru Mohri and is open to the dedicated students, who wish to present their on-going work in variety of fields such as aerospace engineering and material science. With Dr. Mohri’s endless passion in education and encouragement for younger researchers/scientists, he is always a host of this session and is acting as one of the most “severe” reviewers for all posters presented on site. During the session, Dr. Mohri carefully checks all posters and discuss with presenters directly. Quality of the poster as well as the passion of presenters are evaluated and winners of the session are selected.

  3. [Link] 日本学術振興会 科研費 平成28年度審査委員の表彰 (稲富裕光): 2016年9月

    本会では、学術研究の振興を目的とした科研費の業務を行っており、適正・公平な配分審査に努めているところです。配分審査は、専門的見地から第1段審査(書面審査)と第2段審査(合議審査)の2段階で行われますが、審査の質を高めていくことが大変重要となっております。このため、学術システム研究センターにおいては、審査終了後、審査の検証を行い、その結果を翌年度の審査委員の選考に適切に反映しております。さらに、検証結果に基づき、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見を付していただいた第1段審査(書面審査)委員を選考し表彰することとしており、平成28年度は約5,700名の第1段審査(書面審査)委員の中から268名を選考しました。なお、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見は、次年度の第1段審査(書面審査)の手引きに反映し、第1段審査(書面審査)委員が審査を行う際に活用できるようにしております。 研究者として競争的資金の審査に関わることが、各研究機関内においても積極的に評価されるようになることは、ピアレビューの質を高め、我が国の研究費制度全体を向上させることにつながるものと考えます。

  4. [Link] The Joint Conference of 6th International Symposium on Physical Sciences in Space (ISPS-6) and 10th International Conference on Two-Phase Systems for Space and Ground Applications (ITTW2015), Mohri Poster session Excellent Poster Award (長田拓真/早稲田大学・修士学生): 2015年9月

    ”Mohri poster session” is inspired by Japanese Astronaut; Dr. Mamoru Mohri and is open to the dedicated students, who wish to present their on-going work in variety of fields such as aerospace engineering and material science. With Dr. Mohri’s endless passion in education and encouragement for younger researchers/scientists, he is always a host of this session and is acting as one of the most “severe” reviewers for all posters presented on site. During the session, Dr. Mohri carefully checks all posters and discuss with presenters directly. Quality of the poster as well as the passion of presenters are evaluated and winners of the session are selected.

  5. [Link] 10th Asian Microgravity Symposium, Mohri Poster session Excellent Poster Award (橋本栄尭/早稲田大学・修士学生): 2014年10月

    ”Mohri poster session” is inspired by Japanese Astronaut; Dr. Mamoru Mohri and is open to the dedicated students, who wish to present their on-going work in variety of fields such as aerospace engineering and material science. With Dr. Mohri’s endless passion in education and encouragement for younger researchers/scientists, he is always a host of this session and is acting as one of the most “severe” reviewers for all posters presented on site. During the session, Dr. Mohri carefully checks all posters and discuss with presenters directly. Quality of the poster as well as the passion of presenters are evaluated and winners of the session are selected.

  6. [Link] JASMAC27 学生ポスターセッション最優秀賞 (橋本栄尭/早稲田大学・修士学生): 2013年11月

    学術講演会(JASMAC)等における学生ポスターセッションにおいて優秀なポスターについて表彰しています。ポスターは講演会に参加する多くの研究者と宇宙飛行士の毛利衛さんによって審査され、最終日に表彰を行っています。

  7. [Link] 第1回マイクログラビティ応用学会奨励賞 (稲富裕光): 2003年10月

    日本マイクログラビティ応用学会では、“今後の世界を担う若い研究者を勇気づけることが、微小重力科学技術の新たな発展と若手研究者の育成につながる”と考え、20周年を迎えた2003年度に研究奨励賞を設けました。材料科学、結晶成長、基礎科学、燃焼、生命科学、エンジニアリング分野など、微小重力に係わる研究者を広く対象といたします。なお、特に優れた研究実績をもつ大学院生については、若手奨励賞として表彰いたします。

  8. [Link] 第11回日本MRS学術シンポジウム奨励賞, 「強磁場における半導体結晶の垂直ブリッジマン成長」 (稲富裕光): 2000年12月

    本表彰は、本会が定期的に開催する年次大会で優秀な発表(口頭発表あるいはポスター発表)をした若手研究者個人に「奨励賞」を授与し、その功績を称えることを目的とする。

  9. [Link] The COSPAR Space Science Award 1998, The Zeldovich Medal, Commission G, 「For continuous and successful efforts to observe and characterize growth fronts of crystals under microgravity」 (稲富裕光): 1998年7月

    The Zeldovich Medals are conferred by the Russian Academy of Sciences to young scientists, under 36 on the last day of the year in which the Medals are to be presented, to recognize excellence and achievement. They honor the memory of the distinguished astrophysicist Academician Yakov B. Zeldovich and consist of a medal and a certificate.

  10. [Link] 第14回本多記念研究奨励賞, 「凝固・結晶成長過程の直接観察に関する研究」 (稲富裕光): 1993年5月
  11. わが国の若い研究者で、理工学特に金属及びその周辺材料に関する研究を行い、優れた研究成果または発明を行ったものに対して贈るもので、これにより受賞者の今後の発展を奨励することを目的とする記念賞。

関連ページ

査読付き原著論文
査読付き原著論文の一覧です。
プロシーディング論文
プロシーディング論文の一覧です。
学会発表
過去の学会発表の一覧です。
著書・解説など
著書・解説などの一覧です。
新聞記事など
新聞記事などの一覧です。
競争的外部資金等の研究課題
獲得した競争的資金等の研究課題の一覧です。
ISASの公募研究
採択されたISASワーキンググループ、リサーチチーム活動, 宇宙基地利用基礎実験費研究の一覧です。
特許
公開済みの特許の一覧です。